ネズミ対策をやってよかった|健康被害ゼロで快適な暮らしに

固体で違う対策

住宅

ネズミは民家へ押し入り、頭を悩ませる被害をいくつも投下していきます。また、ネズミのかじった作物や食べ物は様々な細菌に侵されている可能性があるため、口にするのは危険です。このような被害は年々増加傾向にあり、何度対策をしてもまた被害に遭うといった繰り返しがなされています。さらに、一口にネズミといってもタイプが違うため、対策法がそれに応じ異なります。ですからどのようなタイプにどの対策が最適なのかを知ることは上手にネズミ駆除をする上で重要だと考えられています。

民家で多く見かけるドブネズミは、下水や台所から顔を出します。街中だとゴミ捨て場や地下、公園や駅でも見かけることがあり、身近な存在と化しています。発見される場所が水であるため、基本的にドブネズミは水が十分に確保できる場所を好むことがわかります。また、ゴミを漁るその姿もドブネズミに間違いはなく、特徴が頭の中へ入っていればすぐに分かるでしょう。効果的な対策法は、床下や窓際とドブネズミが苦手な箇所に超音波や電磁波を仕掛けることです。この方法は専門業者でも積極的に行なっており、ネズミが二度と寄り付かない最善策と言われています。他のやり方で撃退する方法もありますから、ネズミ対策に詳しい専門業者へ訪ねてみましょう。クマネズミの場合も超音波や電磁波が使用されますが、警戒心が多いクマネズミの場合は薬を使った撃退法がよく使用されます。さらにここにいたくないと思わせる環境を作ることも、侵入を予め防げます。